Event is FINISHED

第一回「複業サミット」in 霞ヶ関

Description

これからの複業のあり方を、一緒に考えてみませんか?


政府の「働き方改革」のテーマにも含まれる「副業・兼業」(以下、複業と表記します)。
これは、個人のお小遣い稼ぎやブームではなく、個人や組織、社会が抱える大きな課題を解決するための一つの手法としても注目されています。

複業は日本のこれからの社会を考えるための働き方の第一歩になる可能性を秘めています。

こうした大きな視点で考えていくためにも、複業について、みんなが未来志向で話し合うことができる「サミット」を参加者皆さんの手で開催したいと考えています。


「複業」を実践&志す人たちが一堂に会し、日本発としての”複業”の在り方を導きます!

それでは「副業元年」といわれている今年、社会や組織、個人にとっての副業・兼業はどのような方向に向かうべきなのでしょうか? 
すでに複業を行っている人もメディアなどに登場していますが、まだまだ一般的に浸透したとは言いにくいと思います。
多くの人は複業とはどういう働き方なのか?どんなメリットがあるのか?どのようなことに注意する必要があるのか?などなど、疑問も多く持っていると思います。

「複業サミット」では、副業兼業に詳しい有識者の話しや実践者の経験などの話をインプットとしつつ、参加者全員がその人なりの複業について対話し考える場を作っていこうと思っています。
ただ、先進的な人の話を聞くための場ではなく、参加者の皆さんが主体的に考えていけるような対話の場こそ、「サミット」と呼ぶに相応しいのではないかと思っています。

そこで当日は、未来に向けた話し合いの手法である、”フューチャーセッション”という手法も織り交ぜつつ、多様なアイデアや未来への想いを参加者の皆さんで紐解いてまいります。


開催詳細


●日時:10月17日(水)18:00-21:00
●場所:東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 13階 株式会社オカムラ内 Open Innovation Biotope "Sea"
http://workmill.jp/sea/access

<プログラム内容>
■大会挨拶 主催者より
■講話①:経済産業省 商務情報政策局総務課長 伊藤禎則氏 講演(20分)
■講話②:法政大学大学院 政策創造研究科 教授 石山恒貴氏 講演(20分)
■グループ討議(10分)
 ・1ラウンド 10分 
 「複業が日本の課題をどう解決するのか」
■(参加型)パネルディスカッション(60分)
 パネラー:
 法政大学大学院政策創造研究科 教授 石山恒貴氏
 株式会社マモル 代表取締役社長 齋藤有子氏
 一般社団法人Work Design Lab 代表理事 石川貴志氏
 コラボワーク 代表・複業家 中村龍太氏
 営業コンサルタント/ファンドレイジングアドバイザー 宮本 聡氏
■「副・複・復 業フューチャーセッション」(60分)
 ・マグネットテーブル(テーマごとのチーム分け)
 ・プロトタイプ作成(「2020年の複業シーン」メディアの一コマ)
 ・テーブル発表
■総括(10分)


主催:ナレッジワーカーズインスティテュート株式会社 https://www.kw-inst.com/
共催:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 https://www.freelance-jp.org/
協力:株式会社オカムラ Open Innovation Biotope "Sea" http://workmill.jp/sea/
一般社団法人企業間フューチャーセンター http://eafc.or.jp/
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#376254 2018-10-05 07:12:33
Wed Oct 17, 2018
6:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Open Innovation Biotope "Sea"(株式会社オカムラ内)
Tickets
一般参加チケット SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 13階 Japan
Organizer
プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会
1,046 Followers
Attendees
43